山下先生の就任挨拶

評議員就任にあたって

yamashita01.jpg皆様はじめまして。熊本市中央区で開業しております、山下剛史(たかひと)です。2012年7月28日より国際歯周内科学研究会の評議員に就任することとなりました。
微力ながら全力を尽くす所存です.今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【経歴】

  • 1992年 熊本県立熊本高校卒業
  • 2000年 広島大学歯学部卒業
  • 2000年 広島市藤田歯科クリニック(現やわらぎ会歯科診療所)勤務
  • 2005年 熊本市にて「新屋敷 山下歯科・矯正歯科」開院
  • 2012年 鹿児島大学医歯学総合研究科社会人大学院入学(口腔微生物学教室所属)
  • 現在   国際歯周内科学研究会 床矯正研究会近未来オステオインプラント学会所属

【自己紹介】

1973年5月17日生まれの現在39歳。副院長である妻(大学のクラスメート)と7歳、5歳の息子の4人家族です。
歯周内科との出会いは2005年の開業直後、現在九州地区のインストラクターである花田真也先生(師匠である広島市開業の藤田和也先生の医院に学生時代に見学に訪れた際、そこの勤務医をなさっておられたのが花田先生でした)からの紹介で生田セミナーを受講したことがきっかけです。

研究会に入会後から現在に至るまで、当会所属の皆さんと同様に、歯周内科無しでは自院の臨床は成り立たないものとなっています。

今後は師匠である藤田先生から教わった咬み合わせの概念である「ニュートラル・リレーション(N.R.)」の理論と実践をセミナーを通じて全世界に普及していくこと、そして鹿児島大学での研究を通じて、大学から歯周内科治療の有効性を実証していくことを目標とし、日々精進していきたいと思っています。

セミナー等でこの顔を見かけた際にはどうぞお気軽に声を掛けてください。皆さんとお会いし、お話できる日を心から楽しみにしています。