東京学術大会・前日懇親会ご案内及び申込書

本学術大会はISSAP会員、生田セミナー受講者で、事前登録いただいた方のみ当日ご参加いただけます

事前登録の方法は、この申込用紙に必要事項をご記入の上0969-24-1801 にFAXして下さい。

後ほど参加費の振込先をFAXにてご案内致します。

入金確認をもって本登録とさせていただき、4月初旬に受講票を郵送させていただきます。

又、前日20日(土)に同じKFCホールの「セカンド」会場(19:00〜)にて、前日懇親会を開催いたします。

是非ご参加いただき、交流を深めていただきたいと存じます。

懇親会に生田先生のセミナーが開催されます

懇親会講演内容

2012年10月日本口腔感染症学会の総会・学術大会を、私、生田図南が大会長として生田歯科医院が主管で開催しました。それまで、主幹は大学や大病院が行っていたのですが、個人歯科医院が行うのは初めての試みでした。

私は、大会の成功のために、お世話になっていた藤本孝雄元厚生大臣に特別講演をお願いしました。講演の内容は「今後の歯科医療が発展していくために」でした。

藤本孝雄先生は講演内容について、厚生労働省の現役官僚にご相談され講演内容を決められました。

その講演内容には、これから歯科医療がどのように移行していくのかが明確に示されていました。そして、この7年間を振り返ると、その講演内容に沿って、歯科の点数が変化しています。

生田歯科医院はその講演内容に従って、医院経営を変化させました。それが、か強診・SPTU・摂食嚥下中心の訪問診療です。

これから先はどうなるのか?それもすでに厚生労働省のHPに示されています。今回の講演ではどのようになるのかについて概要をお話したいと思います。

 

申込書及び詳細は下記のPDFをダウンロードしてください。

PDFのダウンロード⇒