2018年4月15日福岡学術大会ポスターセッション募集

ポスターセッション演題募集

 

第16回国際歯周内科学研究会学術大会 大会長 大澤 良

 

拝啓 今年も早いものあと2か月となりましたが、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 さて2018年4月15日(日)第16回国際歯周内科学研究会学術大会が福岡中小企業振興センターにて開催されます。回を重ねる毎に益々好評の「ポスターセッション」を引き続き今回も設ける運びとなりました。

ポスターセッションの趣旨はこれまで招聘した演者の講演だけではなく、研究会会員の活動や日常診療を同じ開業医目線で共有共感し、会員歯科医院の取り組みを知ることができる会員参加型の学術大会になることを目指したものです。

 認定医や認定衛生士の更新を考えておられる方はもちろん、新会員の先生や衛生士の方もぜひともチャレンジをしてください。

 

発表された方には下記のポイントが付与されます。

 

1、 筆頭演者:10 pt

2、 第2、第3演者:5 pt(第4演者以降は0pt)

3、 発表演題すべてに賞品を進呈

(認定医の更新には5年で35pt、認定歯科衛生士の更新には3年で10pt必要です。) 

 

募集演題数は10演題程度。

●ポスターセッションの参加要領はISIMPのホームページよりダウンロードをお願いします。

●演題申し込みは締切は12月15日(金)とし、抄録締め切りは1月10日(水)となります。

 

演題テーマは、「歯周内科について」とさせていただきます。歯周内科の認定医申請時の症例報告、歯周内科の院内システムの紹介、歯周内科の難症例、多剤併用、リアルタイムPCRの活用方法、統計など歯周内科に関することであればどんなことでも結構です。

 

参加をご希望される先生は裏面のFAX用紙にて事務局までお送りください。

敬具

 

 


ポスターセッションFAX演題申し込み pdf001

ポスターセッション企画説明書→ pdf001

ポスタ―作成法→ pdf001 

歯周内科治療ベーシックセミナー 沖縄

歯周内科治療ベーシックセミナー 沖縄

セミナー申込み書ダウンロード

◆お申し込み方法

必要事項をご記入の上、FAXしてください。後ほどセミナー参加費の振込先をFAXにてご案内いたします。
なお、入金後の返金には応じられませんのでご了承ください。
また、金融機関の振込明細をもって領収書にかえさせていただきます。

◆主催・お問い合わせ先

株式会社 Microexam
〒863-1215 熊本県天草市河浦町白木河内220-9
TEL:0969-76-0290

fax0969-76-0289

第16回 国際歯周内科学研究会 福岡学術大会のご案内

定員200名

期日   1018年4月15日(日)

会場   福岡県中小企業振興センター 大ホール 

国際歯周内科学研究会

大会長   大澤 良 

招待講演 『SPTにおける炎症と力のコントロール』 

東京医科歯科大学臨床教授  内山 茂先生  

 

招待講演 『3つのキーフレーズで考える摂食嚥下障害への対応

−あなたの口腔ケアはなぜ効果がないのか−』 

一般社団法人 TOUCH 代表理事  舘村 卓 先生 

 

招待講演 『生物学的根拠に基づく歯周炎診断・治療のパラダイムシフト』(仮題) 

奥羽大学薬学部教授  大島 光宏 先生

 

 


 

福岡学術大会日程表

福岡学術大会 前日セミナー 

福岡 学術大会  ・前日懇親会ご案内及び申込書

福岡学術大会日程表

《2018年415(日)福岡学術大会日程表(予定)》

 

<4月15日(日)第16回福岡学術大会日程表(予定)>

09:30開場

09:30ポスターセッション展示開始

10:00開会・挨拶

10:10〜12:10招待講演1:内山 茂先生

12:10〜13:10昼食・ポスターセッション閲覧および投票

13:10〜14:40招待講演2:舘村 卓先生

14:40〜14:50休憩

14:50〜16:20招待講演3:大島 光宏先生

16:20〜16:30認定医・認定歯科衛生士証書授与式

16:30〜16:40ポスターセッション投票結果発表 連絡事項・閉会挨拶

 

会場案内 財団法人 福岡県中小企業振興センター

〒812-0046 福岡県福岡市博多区吉塚本町9-15

TEL 092-622-0011 FAX 092-622-0014

会場案内

福岡学術大会 前日セミナー

緊急講演会 緊急講演会 第 2弾

これから起る歯科医療行政(厚生労働省)の動き

 歯科医療費 2兆 7千億円の点数配分行方 千億円の点数配分行方

 生き残るために補綴から

摂食嚥下を中心とした訪問診療への転換を急げ!!

2016年保険改定はか強診を申請し、SPTを算定している歯科医院・摂食嚥下を中心とした訪問診療を行っている歯科医院には夢のような改定でした。生田歯科医院は以前と同じ診療内容で保険点数が約15%増加し、材料経費が減少しました。(SPTUも訪問診療も材料経費が掛からない)   

この動きは、今後さらに加速します。

今回の講師の江藤一洋先生は前日本歯科医学会会長であり、現在、厚生労働省の「歯科医師の資質向上等に関する検討会」の座長で、訪問診療を担う歯科医師の今後の圧倒的な不足に備えてどうすべきかを含めて歯科医療の在り方を検討中です。

生田図南先生は同じく「高齢者の保健事業のあり方検討委員会」の作業チーム員です。今回、会員の皆様にはまさに厚生労働省で検討されていることを踏まえて、どう対応すべきかをお話させていただきます。

また、介護の現場での勤務経験があり、ケアマネージャー資格を有する藤原康生先生が介護施設への連携の方法や実際に摂食嚥下指導を在宅・施設において具体的にどう実施するか等についてお話をさせていただきます。

 

日時     2018年4月14日(土)14:00~18:35

会場     福岡県中小企業振興センター2階コンベンションホール 

定員     150名

受講料 32,400円(税込)学術大会とのセット申し込みの場合22,400円(税込)

●講師紹介 

講演1 

江藤一洋先生 前日本歯科医学会会長 東京医科歯科大学名誉教授

演題「これからの歯科医療の在り方について・・・開業医は何をすべきか」

講演2

生田図南先生 一社)国際歯周内科学研究会常務理事・生田歯科医院理事長

演題2016年改定で生田歯科医院に起きたこと、そして今後の歯科保険改定の方向性…我々はどのように経営を導くべきか?」

講演3

藤原康生先生 生田歯科医院副院長 歯科訪問診療担当歯科医師

演題「在宅・介護施設での摂食嚥下指導の方法と施設開拓

 

申込書

福岡 学術大会・前日懇親会ご案内及び申込書

本学術大会はISIMP会員、生田セミナー受講者で、事前登録いただいた方のみ当日ご参加いただけます

事前登録の方法は、この申込用紙に必要事項をご記入の上0969-24-1801 にFAXして下さい。後ほど参加費の振込先をFAXにてご案内致します。入金確認をもって本登録とさせていただき、4月初旬に受講票を郵送させていただきます。

又、前日14日(土)に福岡県中小企業振興センター近隣(予定)(19:30〜)にて、前日懇親会を開催いたします。

是非ご参加いただき、交流を深めていただきたいと存じます。

《学術大会》参加費用

国際歯周内科学研究会会員

歯 科 医 師:1人 19,440円(税込) 

勤務スタッフ:1人 14,040円(税込)

※勤務歯科医師は27,000円(税込)の料金となります

会員以外生田セミナー受講者

歯 科 医 師1 28,080(税込)  

勤務スタッフ:1人 19,440円(税込) 

※勤務歯科医師は27,000円(税込)の料金となります

《前日懇親会》参加費用           1人 10,800円(税込)



申込書

SEC究極の歯内療法コース 11/18・19

SEC究極の歯内療法コース

 

1969年にSEC=SYSTEMATIC ENDODONTICS COURSEを開講以来、SECの歯内療法の原則と治療技術は不変ですが、さらに、近年の革新された機器、材料、情報を総合的に取り入れたシステムにより、臨床家により正確に、より迅速に克つ確実に身体で習得できる実習優先コースです。

講師:東海林芳郎

日時:2017年11月18日(土)・19日(日)

 09:00受付09:30〜17:00まで

場所:ショージ歯科内SEC研修室

受講料:10万円器材費:5万円

お申し込み⇒ pdf001 をダウンロードしてください。

経営フェア開催報告(2017年7月23日)

経営フェア開催報告

ISIMP評議員 経営フェア大会長 大澤 良 

さる7月23日(日)両国KFCセンターにて経営フェアを開催しました。 

今回の経営フェアは、経営幕の内弁当と題して、幅広くそれでいて明日から役に立つという内容を目指しました。受講者の先生方の満足度も高く、有益な一日を過ごしていただけたのではと思っております。

暑い中多くの先生方にお集まりいただきました。

経営フェア開催報告

『日本歯科医療のこれから 経営学・IoTの視点から』

歯科医療向けWEBサイト ホワイトクロス代表取締役赤司征大  

はじめに、赤司征大先生から日本の歯科医療のこれからと題して、世界から見た日本の現状、そしてそれを踏まえた今後の歯科界の歩むべき道筋についてご講演いただきました。非常に切れ味の鋭いエキサイティングなお話で、受講された先生方は100分があっという間だったと思います。

今後起こってくる大きな流れを赤司先生のアメリカで学んだ経験をもとにお話しいただき、そして今後の歯科界におこる生き残りの二極化を解説いただきました。我々も手を打つべく動かなければいけないと気が引き締まる内容でした。

赤司先生の運営するホワイトクロスは今後の時代を見越した歯科界の体系を見直すべくものでもあり、講演後はホワイトクロスへの登録や質問で盛況していました。

 

ホワイトクロス代表取締役赤司征大

 

『アドラー心理学から学ぶスタッフマネージメント』

国際歯周内科学研究会 理事 花田 真也  

午後の最初は、当会理事の花田真也先生からスタッフマネージメントについてのお話をいただきました。

昨今、厳しい雇用状況は周知のことでありますが、雇用後の離職者の一番の理由は、今も昔も院長との人間関係にあることは変わりありません。

両者の関係をよくするためにアドラー心理学を用いて、少しだけ角度を変えた考え方、声掛けをするだけで、お互いのストレスが激減するという内容でした。 受講者の先生方の中には、何回も頷きながらメモをとる姿がありました。

ズバリ自身の核心を突かれた先生方も多かったのではと思います。すぐに明日から取り入れられる貴重なお話となりました。

国際歯周内科学研究会 理事 花田 真也

 

『明日から活かせる最新労務管理〜マイナンバーから最新法改正、労務トラブル対策まで〜』

あおば社会保険労務士法人 社会保険労務士 藤原 英理

続いて藤原英理先生から実務的な最新労務管理のご講演をしていただきました。

スタッフの採用と定着には労働環境の整備も重要です。最近話題となっているブラックと言う言葉を受け、労働環境整備をきちんと行っている事業所が増えてきています。

従業員の権利意識も高まってきています。 最新の労務問題について、藤原先生から見落としがちな職場における法律学の点をお話しいただきました。その後ケーススタディという形で、実際にあったケースを学んでいきました。

とても分かりやすく、歯科医院におけるリスク管理が改めてしっかり抑えることができたのではと思います。

社会保険労務士 藤原 英理

 

受講生の声(受講後アンケートより)

  • 歯科の今後の未来についてのスケールの大きいハード面の話からスタッフマネージメントを主体としたソフト面の話まで聞けたのがすごく良かった
  •  自分のコミュニケーションの取り方を考えさせられました。
  • なかなか聞くことのできない話を聞けてすごく良かった。思っていた以上の内容だった。
  • ハラスメントのケーススタディはリアリティがあって参考になった。
  • これからの病院の在り方を確認できた。

2017年秋季カンファレンスのご案内

国際歯周内科学研究会 会員の先生方へ

国際歯周内科学研究会3大行事の一つ、秋季カンファレンスの大会長を拝命いたしました、評議員の米崎広崇です。

さて、秋季カンファレンスは、毎年10月の第3週日曜日と決まっています。

今年は10月15日(日)東京開催となり、御茶ノ水駅眼前のソラシティカンファレンスセンターという素晴らしい会場での開催となりました。 

そして、演者の先生方も、本来であれば春の学術大会でお呼びしても良いくらいの御三方に登壇していただけることになりました。

御三方とも大学教授経験があり、歯科界に現在も貢献いただいている方々です。 

今年度も引き続き、研究会では学術部会の強化に力を入れています。

そのため、今回の秋季カンファレンスのコンセプトは「春の学術大会を超える、学術カンファレンス」としました。 

歯周内科学研究会を通じて、広く社会に貢献することで、世の中をより良く変えていく。

その一助となるよう、理事・評議員一同懸命に頑張っています。

春の学術大会 夏の経営フェアに続いて、秋季カンファレンスにも奮ってご参加下さい。 

 

演者紹介

・二川浩樹先生

広島大学 大学院医歯薬保健学研究院 統合健康科学部門 教授

・L8020菌(虫歯菌・歯周病菌・カンジダ菌の発育を阻止・殺菌効果のある乳酸菌)の発見

国際歯周内科学研究会の課題であるカンジダ アルビカンスの口腔内での働きとプロバイヲティクスについてお話しいただく予定です。

・著書

「歯科口腔抗菌考」

・山下敦先生

 岡山大学名誉教授

今回、山下先生より是非、研究会の為に研究成果を報告したい旨、連絡をいただきました。

  • その1.歯磨剤とブラシだけの口腔清掃では全く除菌できていない
  • その2.クロルヘキシジンを用いた3DS除菌,抗菌薬除菌、次亜塩素酸水除菌の3法16年4ヶ月間の観察で、インプラント周囲炎は1症例も発症しませんでした。
  • その3.次亜塩素酸水除菌がどの菌にも除菌効果があるかをリアルタイムPCRで調べたもの(多変量解析)。

 

国際歯周内科学研究会が取り組む除菌療法について開業医でもあり研究者でもある山下先生からお話しいただきます。

 

・落合邦康先生

日本大学 特任教授

獣医師 

口腔細菌の免疫応答に及ぼす影響

歯周病原生菌を誘因とする全身疾患

口腔細菌とインフルエンザや認知症に関する研究

 

口腔内細菌が全身疾患に及ぼす影響を研究されてきた落合先生には、口腔内細菌とインフルエンザや認知症に関する最新の研究についてお話しいただく予定です。

口腔内細菌のコントロールが、健康の第一歩であることが歯科医師として最も患者さんに伝えたいことではないでしょうか?


 

第9回秋季カンファレンス申込用紙はこちら>>

2017 夏の経営フェアのご案内

研究会会員のみなさまへ。

夏の経営フェアが7月23日(日)に東京両国KFCホールにて開催されます。

夏の経営フェアは毎年7月の第4日曜日と決定いたしております。

是非この機会に毎年経営力を上げていき、強い歯科医院をお創り下さい。

今回の経営フェアのコンセプトは「経営幕の内弁当」です。

1日で経営力・考え方を幅広く上げてもらうことを目標にしております。

最先端なグローバルな視点からの一石、明日からすぐに役立つ実務的でまたリスク管理を含めた内容、誰しも悩みつきまとう人の問題に対してのマネージメントの考え方と実に充実した内容を取り揃えています。

 

 

keiei2017.jpg

keiei2017b.jpg

 

セミナー申込み書ダウンロード

4月16日 大阪学術大会 各種ご案内

 

第15回 国際歯局内科学研究会 大阪学術大会のご案内

大会長 末廣 恒生

第15回 国際歯周内科学研究会 大阪学術大会のご案内

一般社団法人 歯周内科学研究会代表理事 津島克正

4月16日(日)第15回大阪学術大会日程表(予定)

大阪学術大会・前日懇親会ご案内及び申込用紙

 

「大阪学術大会運営メンバー募集」を終了致します。
応募いただいた皆様、ありがとうございました。


 

第15回国際歯周内科字研究会学術大会

大阪前日特別講演会

田島宰浩先生「人生の成功は目標設定にあり!」

 

上記リンクをクリックするとPDFをダウンロードしてご覧になれます。

 




田島 宰浩先生の紹介

 

(株)グッドマン東京

http://www.smi-japan.jp/agencies/kantou

 

吉野敏明先生のご紹介で、丸山弁護士、堀井学先生など著名人のアドバイザーとしても活躍されています。

【田島宰浩プロフィール】

田島宰浩(たじままさひろ)

 

  • 参議院議員 弁護士 丸山和也 経営戦略担当参与
  • 衆議院議員 堀井 学 東京後援会 会長
  • 外務副大臣 衆議院議員 薗浦健太郎 行徳南部後援会 会長
  • SMIジャパン公認エージェンシー 株式会社グッドマン東京 代表取締役

 

1960年生まれ

1995年、35歳の年に独立(自動車整備業・東京都中野区)

1999年、車検のコバック中野店をオープン。

同年、人間のもつ豊かな潜在能力を活用し、人生を成功へと導く「SMIプログラム」に出会う。

そして、「SMIプログラム」の実践的なノウハウと素晴らしさに深く感銘し、その驚くべき効果を自ら実証すべく、プログラムの販売普及活動を自動車整備業と並行して開始。

2002年、SMI公認エージェンシーとしてSMIの普及活動を本格的に加速。

2005年、車検のコバック中野店を売却。SMI活動に一意専心することを決断。

以降、SMIを通じて個人ならびに組織の成長・発展・繁栄に献身。現在も継続中。

その他、

2004年、千葉県市川市PTA連絡協議会会長、および、千葉県PTA研究大会・市川大会実行委員長。

2005年、千葉県市川市体育指導委員(2009年まで)、衆議院議員・そのうら健太郎 行徳南部後援会会長を拝命(継続中)。

2006年、千葉県市川市青少年補導員(2010年まで)、および、NPO法人・日本モティベーション協会(理事長・堀井学)副理事に就任(2010年まで)。

2007年、保護司を拝命(法務省・継続中)。江戸川区倫理法人会専任幹事を拝命(2008まで)。

2009年、市川市南倫理法人会会長を拝命(2011まで)。

2014年、NPO法人・日本モティベーション協会の理事に就任(継続中)、および、衆議院議員・堀井学 東京後援会会長を拝名(継続中)。

2016年、SMIジャパン公認ディレクターに就任し、全国のSMIモティベーターを指導。現在に至る。

ポスターセッション募集

2017年大阪学術大会 ポスターセッション募集について

PDFファイルになっております。クリックして、内容をご確認ください。

●ポスターセッション企画説明書

●ポスター作製方

●ポスターセッション演題募集

●ポスターセッション申込用紙

第15回 国際歯周内科学研究会学術大会 ポスターセッション企画説明書

ポスターセッション企画説明書

 

(1)ポスターセッションとは

壁面またはボードに、研究や調査の報告をまとめたポスターを張り出し、参加者が自分の報告を見に来るたびに適宜説明を行うという報告形式を言います。

ポスターセッション中は複数の歯科医院が並列して同時にポスターを張り出し、聞き手は自由に興味のある展示者の発表を見に行くことができます。

 

(2)ポスターセッションの目的とポイント

国際歯周内科学研究会における、会員相互の交流の活性化。

 

参加特典(ポイント)

ポスターセッションのボーナスポイントを、
筆頭演者10pt 第2演者5pt  第3演者5pt それ以降0pt
とします。3名まではポイントをおつけいたします。

例)筆頭演者:歯科衛生士、 第二演者:歯科医師、第三演者:歯科衛生士でも可能。

また参加演題には会員からの投票により、賞をご用意しております。

 

(3)日時・会場

平成29年4月16日(日)午前8時45分開場、展示開始。 

90×150cmのサイズでご持参いただき、展示するのが望ましいと思います。 

展示場所(予定):千里ライフサイエンスセンター5Fホワイエ ポスターパネル(当日受付にてご案内いたします。) 


(4)テーマ

歯周内科治療と、それに伴う独自の取り組みなど

 

(5)発表スペースと発表方法(様式)

千里ライフサイエンスセンター 5F ホール前ホワイエ

ポスターサイズ 90×180

(演題番号20×20、演題等20×70を含む)

ポスターサイズ 90×180

演題番号、演題名はこちらで作成いたしますので、展示スペースとある90×150cm程度の大きさのものをご用意していただくようにお願いいたします。(下部10cmは少々見づらくなります。) 

発表方法:13:00〜13:45まで、ポスターの質疑応答に対応するため、ポスターの付近に待機していただく必要がございます。 


(6)発表資料

掲示パネルにマグネットで貼り付けします。粘着テープは使用できません。

電源、テーブルなどの用意はございません。

資料等の配布はかまいませんが、商品等の販売は禁止いたします。 


(7)その他・注意事項

展示開始時間 8時45分

撤収時間 15時30分より撤収可能。16時30分までに完全撤収

撤収しない場合は廃棄処分といたします。

印刷代は本人負担でお願いいたします。

 

(8)申込資格と申込方法

国際歯周内科学研究会認定医および認定衛生士また取得予定のある方

 

(9)申込締切

演題申し込み 12月末日

抄録締め切り 1月20日

 


 

ポスターセッション申込者のためのリンク集 

書籍を購入する前に、手軽にWEBでポスターセッションについて知ることができるサイトのリンク集です。ご参照ください。


ポスターセッションを行った方のご意見です。はじめてなさる方にも参考になる部分が多いと思います。
http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~aruka/public_html/PosterSessionReport.htm

こちらもポスターセッション初級者向けのものです。
http://www.oyakonews.com/oyanews/homep/hp_log/presentation/pre05/pre051024.html

印刷会社のサイトですが、ポスターセッションに際して、参照できるリンク先が幾つかあります。
文字ばかりの、ちょっと読みづらいリンク先が多いですが、書籍を購入しないで済ませたい人には良いかもしれません。
http://www.pleonet.com/poster_print/modules/pico/index.php?content_id=47#.UnWutjGCi01

学会発表(ポスター)の準備と実践:デザイン,構成,発表方法についてのNAVERまとめ。さすがによくまとまっています。
http://matome.naver.jp/odai/2133689656761906001


 

ポスターセッション用参考文献集

 

ポスターセッションに役立ちそうな書籍をご紹介いたします。それぞれの内容はAMAZONの書評などをご参照ください。 

 

ポスターセッション関連 資料作成・文章関連

科学者のためのポスターセッションガイド

Dr. Peter J. Gosling,Ph.D. 著

丸善出版

プロの資料作成力

清水久三子 著

東洋経済

ポスター発表はチャンスの宝庫!

今泉美佳 著

羊土社

100ページの文章術

酒井聡樹 著

共立出版株式会社

これから学会発表する若者のために

酒井聡樹 著

共立出版

論理が伝わる世界標準の「書く技術」

倉島保美 著

講談社

研究発表のためのスライドデザイン

宮野公樹 著

講談社

儲かる会社はNEWSづくりが上手い

竹村徹也 著

実務教育出版

発表の技法

諏訪邦夫 著

講談社

山見式PR法

山見博康 著

翔泳社

理系のための口頭発表術

ロバート・R・H・アンホルト著

講談社

 
資料作成・デザイン関連  

シンプルプレゼン

ガー・レイノルズ著

日経BP

 

 

プレゼンテーションZENデザイン

ガー・レイノルズ著

ピアソン桐原

 

世界一わかりやすいプレゼンの授業

五十嵐健 著

中経出版

 

図解・話さず決める!プレゼン

天野暢子 著

ダイアヤモンド社

 

 


 

連絡先 国際歯周内科学研究会事務局

〒863-0032

熊本県天草市太田町8-10 太田町ビル1F

TEL 0969-24-1822 FAX 0969-24-1801

Eメール isimp-2001.9@nifty.com

ポスター作製方法

ポスター作製方法について

  1. ポスターサイズについてですが、はじめに演題番号と演題、所属をご記入いただきその下から発表内容を記してください。サイズ 横80〜100p 縦160p以内 が作成部分とお考えください。
  2. まずは、一枚一枚作成しやすく、持ち運びしやすい、A3サイズを基準として作成をご案内します。
  3. 29.7p×42.0pがA3サイズなので、横方向にして、縦5枚で148p、横2枚、合計10枚でちょうど良いサイズになります。

     size
  4. 遠くから見えるように文字のサイズは1文字20mm〜30mm程度は必要でしょう。2m離れても見やすいように作成するとよいでしょう。
  5. しかし、1枚1枚が細かくなるので、大きく見せたい場合は、A2を縦に3枚横に2枚で組み合わせたり、A1を3枚で縦に並べたり、することができます。
  6. この方法ですとパワーポイントで10枚で作成して、印刷するだけです。
  7. 次に1枚で大きく印刷する方法です。B0であれば1枚でジャストサイズですので、B0で作ってみます。
  8. 全体を作成する方法は、全体のバランスなどもあります。詳しくは「サイビックネット」のHP、パワーポイントを1枚の紙に印刷する方法に詳しく載っていますので、次のページを参考にしてください。
  9. 印刷はインターネットで「ポスター印刷」という検索で、いろいろな会社が出てきますので、そこから選べばOKです。どの会社も似たような値段です。
  10. 紙は、光沢かマットコートで良いでしょう。紙の厚みは90s〜130s程度でしょうか。(顕微鏡小冊子が130sの厚みで作ってあります。)今回は壁にマグネットで張るので薄い方が張りやすいですね。
  11. 文字フォントは自由ですが、明朝やゴシックをベースにあまり奇抜なものは避けてください。ポスターの壁面への貼り付けは、マグネットのみ可能です。ポスター貼り合わせ用のセロテープなどの用意はございません。作業スペースも限りがございますので、拡げてすぐ展示できる状態でご持参ください。

 

 

<サイビッグネットの目的ページにたどり着く方法> 

(1) URLがそれほど長くもないので直接入力しても、『サイビッグネット』で検索してもいいでしょう。

http://www.cybig.net/ 

(2) ホーム画面を 下へスクロールしていき、下図のアイコンをクリック 

印刷データを作ろう

(3)  『アプリケーションソフト別 データ作成方法』で、利用したいアプリケーションのアイコンをクリック(今回はowerPointを利用して説明) 

(4)  下図のアイコン をクリック

 pp-icon

(5) スクロールしていちばん下のほう、特集『PowerPoint(パワーポイント)データの複数スライドを1枚にまとめる方法』をクリック

(マックの場合は『マックはこちらへ』をクリック) 

(6) 指示に従って完成、保存

第15回学術大会 2017年大阪大会

 

大会長 末廣恒生(すえひろひさお)

Dr.suehiro1.jpg

日 時 2017年4月16日(日)

会 場 千里ライフサイエンスセンター

 

会員の皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

2017年大阪大会の大会長を仰せつかる事となりました評議員の末廣恒生でございます。

当研究会の会員の総数もついに2000名を突破し歯科界でも屈指の規模の開業医のグループとして発展してまいりました。

学術・経営・臨床の各方面に活躍されている会員も多く、年ごとにパワーアップしてきている事を感じています。

今回の演者の先生も現在全国で引く手あまたの3名の先生を招聘しております。

 

テーマ「歯周内科と食と健康」(仮題)

『特別講演1』

国立モンゴル医科大学歯学部
客員教授  岡崎好秀先生

岡崎好秀先生

*ご略歴* 

1952年 大阪府出身

1978年 愛知学院大学歯学部卒業 同年 大阪大学歯学部小児歯科入局

1984年 岡山大学病院 小児歯科 講師

現在に至る 

 

元来小児歯科・障がい児歯科がご専門ですが、現在は国立モンゴル医科大学客員教授として歯科を通じた健康増進教育を啓蒙されておられます。松風歯科クラブの連載漫画を毎号楽しみにされている先生も多いのではないでしょうか。

患者さん目線でのお話しは大変面白く、いつも目から鱗の話の連続ですが今回の内容はいったいどんな内容になるのでしょうか?


 

『特別講演2』

日本糖尿病学会専門医
にしだわたる糖尿病内科院長  西田 亙先生

西田 亙先生

*ご略歴* 

1962年 広島県出身

1988年 愛媛大学医学部卒業、同大学医学部 第二内科入局

1993年 愛媛大学大学院 医学系研究科修了(医学博士)

2012年 にしだわたる糖尿病内科ご開業

現在に至る

 

愛媛県でご開業の糖尿病の専門の内科医の先生ですが、「生まれ変わったら歯科衛生士のなりたい」と言われるくらい歯周病を早期発見できる歯科に大変ご好意を持たれておられます。

今話題の「医科歯科連携」を提唱される最先鋒の先生の一人です。糖尿病専門医の考える歯周病のコントロールで医者いらずの人生を送れればどんなに幸せなことでしょう。


 

『会員特別講演』

米国抗加齢医学会認定医
森永歯科医院  森永 宏喜先生

森永宏喜先生

*ご略歴* 

1963年 生まれ

1988年 東北大卒 

1992年 千葉県鋸南町の歯科医院をご継承

現在に至る

 

当研究会の会員でもある「分子整合栄養医学」(オーソモレキュラー栄養医学)を研究されている千葉県でご開業の先生です。

森永先生はノーベル賞を2度も受賞された米国のライナス・ポーリング博士の提唱するこの医学理論に基づいた治療を実践されておられます。

栄養が私達の健康をつかさどっている事は周知の事実ですが、分子レベルでの食事指導を臨床に取り入れた診療でまさにアンチエイジングな人生を送ることができるでしょう。

2016年9月にはアマゾン書籍部門ランキング1位を獲得した『全ての病気は「口の中」から!』を上梓されています。

 


 

会場2006年に第4回学術大会を開催しました大阪の千里ライフサイエンスセンターです。

伊丹空港や新大阪駅より15分程度の交通至便な場所ですので全国より多数の参加をしていただけるものと確信しています。

大阪の千里ライフサイエンスセンター

また恒例の前日セミナーの内容は9月現在未定ですが、ご期待に沿えるよう鋭意準備中です。

前日懇親会は近隣の千里阪急ホテルのプールサイド会場で開催の予定です。

千里阪急ホテル

歯周内科治療マニュアルが新しくなりました

≪購入にあたってのご注意点≫

  • 会員様限定
  • 単品購入は、旧マニュアルセットを購入された会員様
  • ツカモトセミナー受講生は顕微鏡検査のススメ 説明用CDと くすりで治す歯周病 薬の説明CDが購入可能。
  • はなだセミナー受講生は顕微鏡検査のススメ 説明用CDが購入可能。
  • 旧マニュアルセットを購入頂いている先生が単品を購入の場合は各10%OFF、セットを購入される場合は、15%OFFになります。
  • 発送、お支払はヤマト運輸の代金引換(e-コレクト)(クレジット払いはできません)

 

お申込みはこちらから←クリック

2016年ISIMP認定医取得講習会開催!

国際歯周内科学研究会認定医への道

国際歯周内科学研究会では2010年より会員を対象に認定医制度をスタートしました。(詳細はHP:http://www.isimp.jp/をご参照ください。)「認定医を取りたいけど、どうしたらよいのかわからない。」という会員の声を受けて、再度!認定医取得講習会を開催することになりました。

従来、認定医申請資格には直近3年以内に総会への出席2回以上及び指定の講演会に出席1回が必要ですが、今回の講習会での認定医試験に合格すれば、同年4月の学術大会への出席のみで必要な単位である25ポイントを取得できるという貴重な講習会です。

この優遇ポイントの期限は2017年11月末までですので、今から必要な症例を作りたいという先生にも最適です。また本セミナー中に申請症例の作成についても詳細な解説がおこなわれます。

◆期日    2016年3月17日(木)13:00〜16:00

◆会場    東京八重洲ホール

◆許習会費  27,000円(税込)

◆タイムスケジュール

12:30       開場・受付開始

13:00〜15:00 認定医取得講習会   講師 津島克正(代表理事)認定医試験問題の解説

15:00〜15:10 休憩

15:10〜15:30 認定医試験

15:30〜16:00 認定医申請方法の説明 講師 花田 真也(認定医委員会委員長)

 

下記の申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上FAXして下さい。
後ほど講習会参加費の振込先をFAXにてご案内いたします。

ご案内後に参加費をお振込み下さい。

 

講習会申込先 FAX:0969−24−1801

申込書

2015年11月会報の乱丁について

2015年11月会報につきまして、一部の先生方にお届け分でページの乱丁が見つかりました。

大変申し訳ありませんでした。 

ページ順が、 

1-2-5-6-3-4-7-8-9-10-13-14-11-12-15-16 

となっており、A3ベースで4枚(=16頁)の、二枚目と三枚目が逆に綴じられていました。

頁番号は正しく印刷されておりますので、お手数でも順を追ってご閲読頂ければ幸いです。

今後、このようなことがないように十分注意したいと思います。

【助成金サポートプラン】のご案内

【助成金サポートプラン】のご案内

 

 

【助成金サポートプラン】のお申し込みは、事前説明会の参加が必要となります。

参加をご希望される場合、必要事項を記入したうえ、FAXにてお申し込みください。

詳しい内容→PDF

◇事前説明会メニュー

1.助成金とは

  • 職場定着支援助成金、目標達成助成金とは
  • どんな手続きが必要か

2.手続きについての解説

  • 手続きに必要な書類について、詳しく解説

3.就業規則の改定についての解説

  • どのような改定が必要か、詳しく解説

◇説明会について(全会場共通)

時間:12:30〜15:30
参加料:¥5,000(税別)
定員:50名(1院につき1名まで) 

◇日程

東京(東京駅周辺) 10月25日(日) 12月06日(日)

大阪(大阪駅周辺) 10月18日(日) 11月29日(日)

福岡(福岡駅周辺) 11月15日(日)


セミナー申込み書ダウンロード

住宅会社からの送付物について

 

国際歯周内科学研究会 代表理事 津島 克正 

 

残暑厳しき折、会員の皆様方におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて、この度、国際歯周内科学研究会会員に対して住宅関連のNPO法人から刊行物が送付されるという事案が発生しました。

会員の皆様方におかれましては知らない団体から歯周内科に関係のないものが突然送られてきて戸惑われたのではないかと思います。

これに関連して会員の先生からお問い合わせをいただきましたので、国際歯周内科学研究会としての見解を本状にてお伝えします。

 

<お問い合わせ内容> 

 

  1. 国際歯周内科学研究会は会員名簿を外部業者に引き渡しているのではないか?
  2. アンケートをとって歯周内科に関する情報のみを受け取りたい人と、歯周内科以外の情報も受け取りたいという人に分けてはどうか?

 

<当会の見解> 

 

まずはじめに、会員のみなさまにこのようなご心配をおかけしたことにつきまして研究会を代表し心よりお詫び申し上げます。お問い合わせ内容に対する個別の回答は下記の通りです。

 

  1. 会員名簿を外部業者に引き渡しているという件に関しましては、そのようなことは決してございません。今回は研究会webサイトに掲載されている住所に対して発送されました。
  2. 検討の結果、会員を区分けし、送付物を各自の希望に合わせて送付物を準備する事は、現在の事務局のキャパシティーでは対応が難しいと判断いたしました。これに代わる対応策については後述いたします。

 

当研究会の会員の大多数は開業医です。会員向けの情報発信につきましては、その内容を歯周内科に限らず、臨床上・経営上役に立つものを幅広くお届けするようにしてまいりました。また、情報の質を担保すべく外部の情報を会員に紹介する際は、下記のような内規を平成24年に設けております。

 

  • 複数の理事がその内容を深く理解していること。
  • 複数の理事が紹介に値するという推薦を行っていること。
  • 理事会で承認されたものであること。

 

今回は手違いにより内規に定めた手順を経ず発送許可がくだされてしまいました。このことは大変遺憾であり、今後二度とこのようなことが起らぬよう関係者には厳重に注意を与えました。

 

<今後の対応>

 

  1. webサイトの会員名簿に「当ページに記載されている情報を営業活動等に使用することを禁ずる」という注意書きを付記する。
    当会は、Webサイトに掲載されているからといってその情報を何にでも使用していいと考えておりません。 
  2. 会員への送付物は全て国際歯周内科学研究会もしくはMicroexam社が発送元となり、発送前に理事会にて内容を吟味する。

 

今後は内規の遵守を徹底します。ただし、内容については「会員利益につながる」という観点で選別を行うため、必ずしも歯周内科に関連したものとは限りません。 

 

可及的速やかに以上のような対応を行い、不都合があればさらに改善してゆく所存です。

会員の皆様におかれましては、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

2015年夏の経営フェア

台風12号が接近しておりますが、進路をかんがみて予定通り経営フェアを開催いたします。
変更がある際はこのページで告知いたしますので、随時ご確認をお願いいたします。

 

毎年恒例の夏の経営フェアを下記の要領で開催します。

歯科保険、海外歯科事情、院内清掃など医院経営にまつわる多彩な講演内容です。

ふるってご参加ください。

2015年夏の経営フェア

 

<対象>国際歯周内科学研究会会員および会員の歯科医院に勤務する方限定(職種は問いません)

日時:2015年7月26日(日) 10:00〜16:00(開場:9:30)

場所:東京 KFCホールROOM111  

〒130-0015
東京都墨田区横網1-6-1 国際ファッションセンタービル10階

TEL:03-5610-5801

定員:75名 <受講料> 21,600円/人 2人目以降7,560円/人 

主催:株式会社Microexam(マイクロエグザム)   

〒863-1215 熊本県天草市河浦町白木河内220-9 

TEL 0969-76-0290  

協賛:一般社団法人 国際歯周内科学研究会

申込書・詳細 pdf

会報発送遅延に関するお詫び

2月下旬にお届けする予定の国際歯周内科学研究会会報の発送が諸般の事情で遅延いたしました。

それに伴い、同封していた各種ご案内が届いた時点で開催期日を過ぎてしまっている等の状況が生じました。

 

会員のみなさまには大変ご迷惑をおかけ致しました。

謹んでお詫びいたします。

 

2015年3月27日 国際歯周内科学研究会 代表理事 津島 克正

認定医、認定衛生士申請時の症例集の作成基準の変更(2014年11月付)

当研究会が推奨しておりましたオリンパス社製ペリオセイバーの録画時間は5秒でしたが、現在は販売中止となっております。

現在販売されている機種を確認しましたところ、その多くは録画時間が3秒であるため、
これまでは提出していただく症例集の位相差顕微鏡像動画は5秒以上から3秒以上に変更となりました。

読売新聞記事に対する公式見解

2014年5月18日の読売新聞朝刊1面および同5月24日読売新聞社説に掲載された、歯科における院内感染懸念の記事について

 

歯削る機器、滅菌せず再使用7割…院内感染懸念!

記事にあるような院内感染の可能性に関しては、当会では会設立当初からそのような危険性について会員に情報提供を行ってまいりました。

 

現在では、当会の「理念と使命」において「安心・安全な歯科医療のために院内感染防止対策の普及につとめる」ことを掲げております。

 

具体的には、公的に院内感染防止対策がなされていることを確認できる「歯科外来環境体制加算」の施設基準を取得することを推進しており、歯科医療情報推進機構 院内感染防止対策促進協議会と連携をとりながら進めているところです。

 

会員は、今後も安心・安全な歯科治療の提供を継続し、さらには、そのことを患者さんにわかりやすく伝えるために「歯科外来環境体制加算」の届け出や歯科医療情報推進機構の認証を受けるようお願いいたします。

 

国際歯周内科学研究会 代表理事 津島克正

夏の経営フェア(会員限定)

「職員、どうやって募集する?断る?契約する?解雇する?」

関谷法律事務所 辯護士 宗像雄先生・新橋辻法律事務所 弁護士 丸山智恵先生

「院長不在でもまわる仕組みづくり」

医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック理事長 領木誠一先生


〈対象〉国際歯周内科学研究会会員および人事管理者(経営者向けの内容です)
〈日時〉2014年7月27日(日) 10:00〜16:00(開場:9:30)
〈場所〉新大阪丸ビル別館ルームG

H25年度認定医・認定歯科衛生士の申請締切延長

H25年度の認定医申請の締め切りは11月末日でしたが、多くの先生から要望にお応えするために12月末日に延長することになりました。

認定医申請を希望される先生は、締切期限をお間違いのないようお気を付け下さい。なお、認定歯科衛生士の申請も12月末日締め切りです

なお、本年4月福岡にて行われました、第一回認定医取得講習会を受講し、認定医試験に合格されました先生におきましては、優遇ポイントの適用と歯周内科治療症例提出数が1症例とされる特例が認められていますので、多くの先生方の申請をお待ちしています。

なお、第一回の優遇期間は来年H26年11月末日までとなっております。

 

一般社団法人 国際歯周内科学研究会    認定医委員長  花田真也

2013福岡総会

2013年4月21日福岡総会の様子。

2013福岡総会1

2013福岡総会2

2013福岡総会3

2013福岡総会4

2013福岡総会5

2013福岡総会6

2013福岡総会7

2013福岡総会8

リアルタイムPCRの利用例

リアルタイムPCR会員の皆様へ

こんな症例に困っていませんか?

「位相差顕微鏡でらせん状菌はあまりいないのにPが悪い」

こんな時こそ「リアルタイムPCR法」です!

国際歯周内科学研究会では歯周内科治療でジスロマックを投薬するかどうか決定する際に、位相差顕微鏡検査による「らせん状菌」の検出を重要な指標としています。

しかし、「らせん状菌」が顕微鏡で見当たらないにもかかわらず、歯周病の各種症状がアクティブな症例に出くわすことがあります。ジスロマックを投薬するか否か、非常に迷う場面です。実はそのような症例では、らせん状菌以外の細菌が関与していると考えられます。

<顕微鏡による菌の判定の可否>

歯周病原性菌レッドコンプレックス3菌種
Treponema denticola(T.d) らせん状菌 可能
Prophyromonas gigivalis(P.g)  短桿菌 不可能
Tannerella forsythensis(T.f)  桿菌 不可能
その他
Actinobacilus actinomycetemcomitans(A.a) 短桿菌
(侵襲性歯周炎の主な原因と考えられている)
不可能
Fusobacterium nucleatum(F.n)  桿菌 不可能

このように、位相差顕微鏡で見ているのはあくまでも菌の形態であり、様々な種類の細菌を特定することは困難なのです。しかしリアルタイムPCR法で細菌のDNA検査を行えば、歯周病関連菌5菌種の存在を定量的に調べることができます。

顕微鏡診(−)臨床歯周病症状(+)の症例にリアルタイムPCR検査(5菌種)を行い

  • いずれかの細菌が検出されたら、ジスロマックを投与
  • いずれの細菌も検出されなければ、ジスロマックは投与せず、通常の初期治療を行う

という流れになります。

またメインテナンス時に顕微鏡診と臨床歯周病症状が食い違う場合にも有効です。
このようにリアルタイムPCR法を利用することで、先生方も患者さんも納得の上、安心して治療を行うことができます。この様な症例には、ぜひリアルタイムPCR法を行ってください。

国際歯周内科学研究会  顧問 生田図南

第3回IDIオリエンテーションセミナーのお知らせ

NPO法人歯科医療情報推進機構
一般社団法人国際歯周内科学研究会

日 時:平成24年8月26日(日)13:00〜16:30
場 所:デンタルヘルスアソシエート(DHA)
所在地:〒102-0081 東京都千代田区四番町8-1 東郷パークビル4階
連絡先:TEL:03-6893-2331

デンタルヘルスアソシエート(DHA)

【演題1】
「高齢者歯科医療の現在―高齢化社会で行なうべき歯科界の対応―」
  東京医科歯科大学高齢者歯科学分野 井口寛弘先生
【演題2】
「私の臨床の核は患者さんに教わった事」
  国際歯周内科学研究会 副会長松本秀規先生

歯科医療情報推進機構事務局まで(FAX 03-5842-5541)ご送付ください。

PDFをダウンロードする←クリック