2020年11月会報秋季カンファレンス

職務執行理事の井原です。

10月18日(日)にオンライン開催されました、第12回秋季カンファレンスについて報告いたします。

20201118-1.jpg  

本年4月の学術大会はすでに告知いたしました通り、covid-19の影響で翌年に延期となりました。 

秋季カンファレンスも当初、東京開催の予定で進めておりましたが、参加者の皆様の安全管理やその後の情勢を踏まえ、100%オンライン開催に変更となりました。 

開催方法につきましても様々な検討がなされましたが、最終的には青森、神奈川、大阪、福岡の4元中継となりました。 1ヵ月以上前から前夜まで、数回にわたり通信のテストを繰り返し、万全の準備で当日を迎えました。

ベル歯科医院理事長の鈴木彰先生

20201118-3.jpg

最初のご講演は神奈川県海老名市でスタッフ数50名以上を誇る、ベル歯科医院理事長の鈴木彰先生でした。 

ご自身が主催する日本フィンランドむしば予防研究会のオンラインセミナーでは、千数百人を集客した、ものすごい先生です。  

今回のご講演では予防歯科を中心とした医院運営、保険と自費の考え方、歯科衛生士や勤務医たちの育成計画など、とても90分の枠では収まりきれない内容でした。  

鈴木先生のご著書『生涯歯を残せる時代の5つのスキル』は研修医対象に書かれておりますが、私たち開業医にも大変役立つ内容です。

歯学部では指導していない内容も網羅している実践的な書籍のため、鈴木先生のご講演中にAmazonから、定価の新刊在庫が消えてしまいました。 

 20201118-1.jpg

熊本県天草市ご開業の生田図南常任理事

20201118-4.jpg

午後の最初は熊本県天草市ご開業の生田図南常任理事の発表でした。 

4年前、タイのシラチャで2軒目の歯科医院を立ち上げ、さらに昨年5月にシラチャ中心部、アタラモールの2Fに移転。コロナの影響で渡航できない現在は、ほぼすべてを現地スタッフに任せて黒字を計上。

本年春には訪問歯科専門の新しい歯科医院を天草に開設し、以前と比較して歯科医師数は2名減ったにもかかわらず、さらに高い保険点数と同時に、極めて低い原価率を確保。

 今後の国の方針を考え診療スタイルを対応させることにより得られる成果を、ご自身の医院の実際のデータをもとに、詳しくご解説いただけました。すべて実践、実証されているのが生田先生の凄さです。

20201118-5.jpg

  

医療費削減への効果が高い歯科診療項目が残るであろうという予想は、今後の診療スタイルを考える上で、大きな指針となるものでした。 

20201118-6.jpg

王宝禮大阪歯科大学歯学部教授

20201118-8.jpg

最後の演者は王宝禮大阪歯科大学歯学部教授。過去に2回ご講演をいただいている、研究会とは非常にご縁の深い先生です。

今回は保険診療における薬剤投与のノウハウ、漢方を併用した歯周病治療等についてご講義いただきました。今後、新たな抗生物質の開発が期待できない現在、今あるものを大切に使うことが何より大切です。  

抗生物質乱用を避ける処方の1つとして、保険適用の排膿散及湯は今後、内科的歯周病治療における新たな道を作ることでしょう。 また、オゾンの殺菌効果、ボスミンに匹敵する止血効果についてもご解説いただきました。

20201118-7.jpg  

山下大会長の周到なご準備と弁舌滑らかな司会、現地担当の方々、ご協力いただきました映像配信会社担当者の皆様方のおかげで、小さなトラブルはございましたが、滞りなくカンファレンスを終了することが出来ました。

重ねて感謝いたします。  

次回秋季カンファレンスの開催は来年10月17日(日)大阪にて、大会長は大澤良先生、副会長は吉村信一先生です。

引き続きよろしくお願い申し上げます。